学院ホーム>学院の概要
学院の概要
    本学院では、障害のある方に対して職業の安定と社会的地位の向上を図るために、 個々人の残存機能の向上と職業に必要な能力の向上を次の指導により促進しております。
  • 社会的指導
    学院生が働く喜びを実感し、豊かな社会生活を営めるようにするため、次の指導を推進します。
    1. 規律ある社会生活の場として豊かな心を持ち社会的な活動に必要な態度や人格を育成します。 具体的には、学院生を集団社会の一員として、他人の人格を尊重し、民主的な方法で問題を解決し、 社会生活における自由と規律を真に身につけるように指導します。
    2. 職業人として必要な勤労意欲、責任感、協調性等の育成に努めます。
  • 健康指導
    学院生においては、学院生が身体面の健康のみでなく、精神面においても健全でゆとりある訓練に励めるように次のような指導によって訓練効果が期待できるような指導を推進しています。
    1. 隣接する兵庫県立総合リハビリテーションセンターと連携して学院生の健全な心身の育成に努めるとともに、 健康上の問題解決に対する指導強化のために看護師を配置し、学院生が健康に不安を抱かずにのびのびと訓練できる体制で指導しています。
    2. 兵庫県立勤労身体障害者体育館等での体育授業で、スポーツや身体的運動を通して残存機能の強化に努めるほか、 機能障害のある部位についてもリハビリテーション・ハビリテーションを兼ねたスポーツや機能回復運動を推進し、 心身ともに快適な訓練生活を送ることによって自己の身体や健康に自信がもてる人材の育成を推進しています。
    3. 健康管理についても、健康診断をはじめ健康に関する講演や訓練によって、健康管理の重要性を喚起しています。
  • 職業指導
    個々の能力に応じて、残存機能の状況を学院生と指導員が一体となって十分に掌握のうえ、 学院生が職業生活により一層適応し進歩向上していくように指導し、職業生活を通じての「生きがい」が見出せるように次の指導を推進しています。
    1. 学院生個々の個性を的確に掌握し、適性と能力に即した個別指導を徹底しています。
    2. 公共職業安定所と連携を密にし、職業情報の提供や職業相談などを含めた就職指導を行っています。